538(ゴミは)どこへ②

①は、こちら




女の子は あまり笑うことのない大人しい少女。

貝殻を拾ったり 砂に絵をかいたり


じぃーと景色を眺めては 

ぼぉーっとするのが好きでした。


少女には いつも気になることがありました。

それは とっても綺麗な海岸に 

たくさんのゴミが落ちていることでした。


ある日少女は、そのゴミを拾うことにしました。

すると、すごく怖い顔をして

お母さんはこう言いました。


「そんな汚いもの拾ってはダメよ!

汚れるじゃないの!ばい菌がいっぱいなのよ!

病気になったらどうするの!

そんなことして何の得があるの!?」


でも、少女には

怖い顏のお母さんの言っている意味が

分かりませんでした。


なぜなら、少女には

ゴミが光って見えたからです。


「こんなに綺麗なのに、どうして汚いって言うのだろう?」

「どうして、拾ってはダメなの?」

少女は不思議に思いました。


けれど、誰にも言いませんでした。






-2-



ちあきの体験と

創造をまじえて綴る絵本です☆


どうぞ、お楽しみにっ♥(∩´∀`)∩☆

いつも、ありがとうm(__)m


ちあき

抜針与楽__【ねこ処】__Happy保護ねこHome☆

元・手彫り女性刺青師が運営する ほっこり癒しのエネルギーが流れる処 楽しくムリせず暮らしながら ハートに刺さる苦痛の針を抜いてゆく 【抜針与楽】という生き方を 応援中 Happy保護ねこHomeを営みながら ハートをときほぐす、お手伝い キャッ☆と、驚く Beautiful Earthプロジェクト

0コメント

  • 1000 / 1000