538(ゴミは)どこへ⑥


朝日がのぼりかけ

海岸通りに 人の姿が見えはじめ


ゴミ箱のなかに入りながら

大人になった少女は 思いました。


「どう思われているのかな?」

「何を言われているのかな?」


周りの目がすごく気になり

急に怖くなりました。


「何やってんのあの人?」

「ゴミをあさってるよ?」

「まぁ、汚い。」


通りがかる人の声が 聞こえてきました。


それはまるで あの時の

お母さんのようでした。


それでも 大人になった少女は

勇気をふりしぼり


しめつけられそうな

心の痛みを感じながら


仔ねこを 一匹ずつ 外に出しました。


ー(6)-


抜針与楽__【ねこ処】__ねこ楽ゼーションHome☆

保護ねこHomeのねこ達に癒されて 気楽に過ごすリラクゼーション処 楽しくムリせず暮らしながら ハートに刺さる苦痛の針を抜いてゆく 【抜針与楽】という生き方を 応援中 キャッ☆と、驚く Beautiful Earthプロジェクト

0コメント

  • 1000 / 1000