癒しのエネルギー編🌟


うちの「ピチ」

2012年生まれの女の子。


ツンデレの彼女に

時折、癒しのエネルギーを流す。







ご近所から保護してくれないか?と

依頼を受けて、生後半年ごろに保護したピチ。



新築が建つために

撤去された空き家に、住んでいたため

居場所がなくなったからだ。




そんなピチは

近所のお家に入っては

食べ物をかっぱらっていた。


いわゆる、どら猫になった。





性格は怖がり。

がゆえに、警戒心が強くて

何をするにも唸り声をあげ

すごい勢いで怒っていた。


勝手に人様の家に入り

食べ物をかっぱらうのだから


住人も、たまったもんじゃない。

サザエさんではないが

ほうきをもって、追い掛け回されていた。





そんな生活を繰り返していたもんだから

見るに見かねた近所の人が


私に助けを求めてきたのだ。





私の家には、ピチの兄弟チャプがいる。

チャプも、人に拾われたのだけれど

事情があったのか・・・


公園に捨てられ、水浸しで倒れている所を

偶然私が見つけ拾って

家ねこにしていたプロセスがある。




めずらしく、三匹ともそっくりで

一目で親子と分かるぐらいの風貌は

親近感を持たずには、いられなかった。





そんなピチと母猫のランランを

無事に保護した。


避妊手術をし、病気がないか検査をし

家猫として暮らせるまで預かって


里親さんを探すことにした。




これらが、私の保護活動の始まりだった。

いろんな保護団体さんの中で、学んできたが

個人で活動することを選んだ。



やがて、ピチの里親さんも見つかり

トライアルに出したものの

母猫と一緒にベランダつたいに逃げ出し


いきなり、とんでもなく大変な

経験をすることとなった。



ピチの性格を考慮し・・・

里親さんに出すのをあきらめ

自分で引き取ることにした。




すべての猫を、家猫にすることが

猫にとって、本当に幸せなのか?


疑問を持ち始めた。

それはネコ、それぞれ。なのだろうと知った。







あれから7年。

慣れるまでに、時間はかかったが

甘え方は、まだまだ不器用だ。




時間のあるとき、ねこ達に

癒しのエネルギーを送るようにしている。




猫が癒されるには

人の心が癒されていることが、大切。


人の心が癒されるには

猫が癒されていることが、大切。



そんな循環する癒しのエネルギーを

届けていけたら、幸せに思う。




ちあき🌈🌈

















【ねこ処】__抜針与楽__保護ねこHome☆

ハートを大切にする生き方を、はじめよう。 元・手彫り女性刺青師を16年間続けた私。 人の肌に針を刺し続けてきた私が 楽しみを与えてゆきながら 心に刺さる苦痛の針を抜いていく「抜針与楽」 という生き方にシフトしました。 自然の恵みの中にあるオアシスで 保護ねこ達と一緒に、ハッピーライフをおくる☆ 魂レベルで、癒されてください☆=^_^=

0コメント

  • 1000 / 1000