いのちの物語Ⅱ


「小さな いのち」~秋~


せんろのそばで遊んでいる小さなきみを

見つけたのは 4年前の秋だった。


シャーシャーいかくする小さなきみは 

母さんとはぐれたのか とても不安そうにしていたね。


お腹もすいて いっぱい歩いて

キケンな線路をあるいていたね。


小さなきみは 

ほかくきの中でもふきげんで

「だれにもさわらせるもんかっ!」って


こっちにおしりを向けたまま

ずっと怒っていたんだよ。




だけど、

ぼくのうでの中に抱き上げるときみは

急に ゴロゴロいいはじめて 


びっくりするぐらい たくさん

たくさん 甘えてきたんだったね。


怒っていたのは 怖かったからで

本当は 母さんにまだ甘えたくて


ずっと ないていたんだね。



きみのフミフミする前足が

僕に 笑顔をくれたんだ。


曇り空が 晴れるような

そんなお日さまを くれたんだ。




抜針与楽__【ねこ処】__ねこ楽ゼーションHome☆

保護ねこHomeのねこ達と過ごす 心をときほぐすリラクゼーション処 楽しくムリせず暮らしながら ハートに刺さる苦痛の針を抜いてゆく 【抜針与楽】という生き方を 応援中 キャッ☆と、驚く Beautiful Earthプロジェクト

2コメント

  • 1000 / 1000

  • ちあき処

    2017.11.03 01:24

    @かなみ先生ハイ。その後を考えると、いつも躊躇してます(;´・ω・)。ホントご縁があったのでしょうね(*´ω`*)。猫のことを通じながら、猫のことだけにならず、いろんな勉強させてもらっている今に、感謝です♡ありがとうございます(*´ω`*)
  • かなみ先生

    2017.11.02 12:13

    涙が出ますね💧猫を保護するのは、かなり勇気も手間も必要で、特にその後をどうするか、難しくです。ご縁があったのですねー。絵も心に響きました✨✨✨✨