538(ゴミは)どこへ⑧


ゴミ拾いの先にあった、保護ねこ活動。

実話をもとに創った、絵本。

最終話です。(*^^*)


①は こちら

②は こちら

③は こちら

④は こちら

⑤は こちら

⑥は こちら

⑦は こちら





雨にぬれて 傘と子ねこたちが

ピカピカと 光っていました。

   

「ねぇ、子ねこさん❓

 ハスの花って知っている?」


大人になった少女は

嬉しそうに 子ねこたちに話しかけます。


「花には、興味ないかもね。」


クスクスと笑う 大人になった少女の顔を

子ねこ達が 見上げていました。


子ねこ達をのせた 傘そのものが

ハスの花のようで とっても綺麗でした。


「そんな綺麗な ハスの花はね

 泥んこの中から 咲くんだよ。」


ゴミの中に咲いていた 小さな命たち。

「君たちは 光輝やく花なんだ。」


傘をグーっと持ち上げ

目線の高さに合わせて そう話しかけると


子ねこ達は 満足そうに 

笑っているように 見えました。



-8-




目に見える世界が

どんな形をしていても

どんな色をしていても


本当は、輝く花(光)なんです。


それは、あなた自身を大切にして

信じることから、始まるのです。




世界平和。

美しい地球に、愛を。。。


大切な、あなたへ。

ありがとうございます。


セラピーArtサイトは こちら

【ねこ処】☆彡抜針与楽★保護ねこHome☆

💛自分を大切にする生き方を、はじめよう 元・手彫り女性刺青師を16年間続けた私。 人の肌に針を刺し続けてきた私が 心に刺さった苦痛という針を抜き 自分にも、周りにも 楽しみを与えていける、生き方にシフトした。 自然の恵みを得た、パワースポットで 保護ねこ達と一緒に、世界を平和に導く☆ 魂レベルで、癒されてください☆=^_^=🐾

0コメント

  • 1000 / 1000