パーキンソン病☆



施設のご婦人と一緒に職員さんがご来店♬


ありがとうございます(=^・^=)☆


パーキンソン病のご婦人だそうで

体が硬くなる病気なので


座ってもらったり、横になってもらったり


時々、体勢を変えながら☆

ご利用していただきました☆(∩´∀`)∩



ご婦人が昔、猫を飼われていたらしく

職員さんが、触らせてあげたいって


想ったそうです♬(*´ω`*)


二階まで運ばれたり、力仕事です♬

ご苦労さまです♬(∩´∀`)∩

若いので、励まれてくださいまし☆


来てくれて、ありがとう♬(∩´∀`)∩




うちの子たちは、温厚なので

(とはいえ、猫なんで(笑)

 本能が出たら、走るし取っ組み合います)



セラピーキャットの

タマちゃんと♥カレンが♥

お相手していました♬(∩´∀`)∩

ほんま、ええ子達ですっ♥( ´∀` )


thank you♥(∩´∀`)∩

癒しのパワーをありがとう☆


ちあきも(笑)

元気魂(げんきだま)エネルギー

贈っておきました♥





アニマルセラピーは犬の方がメインだったり

医療機関や施設などでは

衛生的な問題とかもあり

いろいろ難しいこともあります。


なので、ボランティアがメイン。


海外では

オフィスに動物がいたりすることも

あるそうです。


日本でも

学校に馬がいる所もあるんだったかな。♥




動物と人が共存することで

誰かを癒すことの他に


動物のお世話をすることでも

自分自身が癒される効果は大きい。


と、私はそう思います。




猫たちと出逢って

自分を信頼することの大切さを

日々思う。


自分を信頼できるということは

周りも信頼しているということだからです。





今ここにある幸せを

感じられることに感謝しています。





本日もセラピーキャット7匹で

お出迎え致します♬



ありがとにゃっ(=^・^=)☆


愛と感謝に笑顔をのせて


ちあき


☆こんなところにメッセージ☆(笑)

何歳になっても。




ありがとっ。

抜針与楽__【ねこ処】__ねこ楽ゼーションHome☆

保護ねこHomeのねこ達に癒されて 気楽に過ごすリラクゼーション処 楽しくムリせず暮らしながら ハートに刺さる苦痛の針を抜いてゆく 【抜針与楽】という生き方を 応援中 キャッ☆と、驚く Beautiful Earthプロジェクト

0コメント

  • 1000 / 1000