アパート猫①



台風以降毎日、いろんな時間帯に

アパートへ足を運んでいます。


この白猫のシロちゃん(メス)が

最初におばあさんに拾われた


アパートのボスネコ。

(手術済みだそうです。)

もうシロちゃんも、おばあさん。


数年前に見た時は、毛並みも立派な

ピンクの首輪の可愛い、女帝でした。




人間のおばあさんの、家の中と外を

自由に行き来していて、エサをあげているので


他にも猫がいっぱい来て

どんどん、増えていったそうです。





今では、家の中に

自分の居場所がなくなるぐらい

ノラ猫が出入りしていて


シロちゃんは、外で寝ているんだとか。






はじめて会った私に、シロちゃんは

懐こく近づいてきました。



青い目の、綺麗な子。

女帝の性格の良さがみえます。


口をあけて、

鳴いているんだけど


声が出ていない。。。






声なき声で、

鳴いていました。


何度も何度も、声なき声で。









「助けてくれっ。」て、言われてる気がした。





手術に踏み切ったのは

メス猫たちが、近隣の家に産んだ子ねこが


ゴミ箱や、海岸に捨てられるという事件が

毎年毎年、続いたからです。


それを私が、見つけたということには

なにか意味があったのだと思います。






触れない子達も、手術まで餌付けをして

コミュニケーションをとっていきます。



TNR後も、しばらく様子をうかがいに行き

体調の悪い子はいないかチェックします。




その後は、エサやりさんに任せ

新しく増えることのないよう祈って

現場をあとにします。










置きエサをすると

他からもねこが来て、増えていくので


時間を決めて、ご飯は片づけてくださいね。







以前より

TNRしてきた猫たちはこちら




キャッ☆と驚く

Beautiful Earthプロジェクト


今日も、癒しの波動で

LOVEにゃんどPEACE

(。・ω・。)ノ♡


愛をこめて



抜針与楽__【ねこ処】__Happy保護ねこHome☆

元・手彫り女性刺青師が運営する ほっこり癒しのエネルギーが流れる処 楽しくムリせず暮らしながら ハートに刺さる苦痛の針を抜いてゆく 【抜針与楽】という生き方を 応援中 Happy保護ねこHomeを営みながら ハートをときほぐす、お手伝い キャッ☆と、驚く Beautiful Earthプロジェクト

0コメント

  • 1000 / 1000