「幸せホルモン」のつくりかた


幸せホルモンと呼ばれる分泌物の出し方について

簡単にまとめましたので、ご参考にしてください。


わたしたちの、身の回りにある事柄を活用して

更に、幸せ体質になっていきましょう(*^^*)



✨ ホルモンとは

  → 血中に排出され全身に送られる分泌物のこと


✨ 神経伝達物質とは

  → 細胞から細胞へ送られる分泌物こと


  ● セロトニン

  ● エンドルフィン

  ● ドーパミン



☆ セロトニンとは・・・

  ◎ ほのぼの、落ち着きをもたらす

  ◎ ドーパミン、ノルアドレナリンなどの

    神経物質をコントロールしてくれる

  ▲ 乱れると→ 不安、うつ、攻撃性に繋がる


〇 効果→ 精神を安定させる

      体を目覚めさせる

      氣分をポジティブにしてくれる


〇 出し方→ 日光浴

       リズム運動

       トリプトファンの摂取

       笑顔になる


※ 95%は腸でつくられている

  腸の調子を整えると、脳のストレスも減る


※ ねこのゴロゴロ音の周波数は、ほぼ25ヘルツ

  20〜50ヘルツの音は、体の緊張をほぐす

  副交感神経を優位に立たせる効果がある

  自律神経やホルモンバランスを整える

  低周波には、セロトニンを分泌させる効果がある



☆ オキシトシンとは・・・

  ◎ 癒されるという感覚になる


〇 効果→ 安心感を生む

      愛情、信頼を形成

      好奇心を強くする

      不安の軽減


〇 出し方→ 親しい人と会話する

       動物と触れ合う

       好きなものを見る

       スキンシップ

       柔らかい素材を触る

       絵や、花を飾る


※ 当店のHealing-Artもご活用くださいませ(*^^*)



☆ エンドルフィンとは・・・β-エンドルフィン

  (苦痛を取り除くときに最も多く分泌される)

  ◎ 鎮痛作用

  ◎ 脳内モルヒネ

  ◎ ドーパミンを出しやすくする


〇 効果→ 氣分の高揚

      幸福感

      痛みを鎮める

      フローやゾーン状態に入る


〇 出し方→ 有酸素運動

       好きなものを食べる

      (カプサイシンの摂取)

       温冷交代浴

       植物を育てる



☆ ドーパミンとは・・・

  ◎ 本能的行動

  ◎ 欲求、快感、熱中

  ▲ 依存症と関係がある

  

〇 効果→ やる気を出す

      達成感をもたらす

      集中力を高める

      脳の覚醒

      氣分が前向き


〇 出し方→ 小さな目標の達成(報酬を得る)

       運動をする

       チロシンの摂取

       音楽を聴く



4つのホルモンを

バランスよく取り入れるのが、効果的です。


ねこ達に、触れる。見る。笑う。など

感情を緩ませ動かしていくと

幸せホルモンを効果的に、活用することが出来ます。


ぎゅーっと、縮こまってしまった心を解放し

楽しい日常生活を送っていきましょう。




抜針与楽__【ねこ処】__ねこ楽ゼーションHome☆

保護ねこHomeのねこ達に癒されて 気楽に過ごすリラクゼーション処 楽しくムリせず暮らしながら ハートに刺さる苦痛の針を抜いてゆく 【抜針与楽】という生き方を 応援中 キャッ☆と、驚く Beautiful Earthプロジェクト

0コメント

  • 1000 / 1000