それぞれに役割が、ある。


こんにちは(*^^*)🌈🌈


あなたのハートをときほぐす

ハートのコミュニケーターちあきです。




なぜか、連続で出会います✨

綺麗なお声の、鳥さんに🎶🐦





3日目。


釣りの人がいたので

お気に入りの岩には行けなかったみたいですが


顔を出してくれました。

ハイ、おはようさん🌞








4日目。


釣りの人が来たので

お気に入りの岩から、少し離れてのご挨拶。


おはようさん🌞

すごく、よくしゃべってました。






5日目。


私が、がばっ!っと、起き上がった時に

飛んで行ったので写真が撮れなかったですが


3日目と同じ場所に来ました🎶

偶然などありませんね。(*^^*)







アラスカの自然保護施設では

母親と、はぐれた赤ちゃんや


ケガをした動物たちの保護をして

自然に帰す活動をしています。


絶滅危惧種の動物などは

繁殖をして増やし、自然へ帰す活動もしています。


それが元来の、保護の姿だそうです。






保護をしても、自然の中でエサをとることを

人間が教えてあげられない場合は


その生態系を学ぶ機会を与えてくれる

役割を担うため


動物たちは、水族館などに移され

そこで暮らすことになります。






残念ながら、保護をされても

エサを食べられず、自然へ戻しても生きられない等

安楽死を、選ばざるを得ない動物達もいます。


それは、それ以上成すすべがない動物たちへの

最善の処置でもあります。


これ以上、苦痛を与え続けないために

行うものだからです。





「死」=「悪」ではなく

その途中の【目的】という【過程】が


何なのか?を、ハッキリと明確にして

大切に取り組んでいけば


闇雲に「死」という【結果】を恐れたり

後悔したりせずにすみますよね。







生きているものたちが

生きているもの同士で最善を尽くして


幸せに暮らしていくことを選択していく。

それを、先に旅立った命達へと伝えていく。


それが、天へと還っていく命達への

供養となるのだと感じています。






保護センターで働くスタッフの方たちは、言います。

「自然に帰すことが、喜びなんです」と。


悲しみのために、動くのではなく

喜びの為に、動いている。


それを常に自分に問いかけ、働いているから

見ているこっちまで、元氣になるんですよね。





人と動物とが、共存できる環境

社会、世界、であるために


与えられたこの地球を、共有していくには

何が本当に、大切なのでしょうか?






ひとりひとりが生きることに、目向けて

自分を信じて活かすことに、目を向けて

上を向いて、歩こう🎵


今、ここに生きていることに感謝です。

本当に、ありがとうどざいます💛(*^^*)






では今日も、ほっこりな一日を

お過ごしください( ^^) _旦~~~

_________________

楽しみを与えてゆきながら

ハートに刺さる苦痛の針を抜いてゆく

【抜針与楽】という生き方を実践中

_________________

キャッ☆と、驚く

Beautiful Earthプロジェクト


LOVEにゃんどPEACE

(。・ω・。)ノ♡


感謝をこめて。


抜針与楽__【ねこ処】__ねこ楽ゼーションHome☆

保護ねこHomeのねこ達と過ごす リラクゼーション処 楽しくムリせず暮らしながら ハートに刺さる苦痛の針を抜いてゆく 【抜針与楽】という生き方を 応援中 元・手彫り女性刺青師が 心をときほぐすお手伝い キャッ☆と、驚く Beautiful Earthプロジェクト

0コメント

  • 1000 / 1000