母と娘

母は 家政婦ではなくて

母は お手伝いでもなくて

母は 便利屋とはちがう。


母は 女性でした。


子供らしく なりふりかまわず泣いて

子供みたいに はしゃいでみせる。


幼いころと同じ 澄んだ瞳で。


少女のように笑ってみせる

母という仮面の中の 


本当のあなた。


自分らしく生きるって

なかなか勇気がいる。


どこかで

いい妻をしようとしたり

いい女でいようとしたり

いい人を演じようとする。


何の基準で決められた「いい」ことなのか

自分が勝手にきめた「いい」ことを


人にも押し付けようとして

苦しくなる。


世間基準の

「いい」か「わるい」か、よりも


自分の心が、本当にそれで

「いい」か「いくない」かの声を

聞いてあげるほうが、ずっと大切。


母でもあり、娘である

それが混在している、わたし。

その前に、ただひとつの命なのさ☆☆☆


そんな私の息子は、母想いであーる。

そんな母想いな息子が


一度だけ、キレたことがある。


「いい加減に、しらたき切れやっ!」事件である。


有名な人が手造りしたという立派な包丁を

知り合いからプレゼントしてもらい

大切に持っている店主chiaki。


しかし、確実に指を落しそうなので

使ったことがない。(笑)


そして

忘れもしない、あれはめったに作らない

肉じゃがを作った日のこと。


包丁を使うのが苦手なオイラは

その日も、めんどくさくて

しらたきさんを、わざと切らなかった。


すると、

しらたきさんをのどに詰まらせた息子が

「いい加減にしらたき切れやっ!」


と、息子がしらたきさんより

先にキレたのであーる。


おそらく、受験シーズンで

虫の居所が悪かったのか

女子にふられて、気分がめいっていたのか


それを、指摘したくなる遊び心を

グッと抑えた

息子想いな、店主chiaki。♡


これが、我が家で語り継がれる

「いい加減に、しらたき切れやっ!」事件の真相である。


じゃんじゃん。


なんて

そんなアホな店主chiakiと、

とってもお利口なニャンズのいる

「ねこ処」♡


こんな雨の日や、お仕事帰りにも

立ち寄って下さる方もいらして♡

ありがとうございますm(__)m


日々、創作活動しながら皆様のお越しを

楽しみにしております☆(*´ω`*)♬

本日も

どうぞ、よろしくお願い致します☆☆☆


愛と感謝と笑顔を込めて☆(*´ω`*)


店主 chiaki








【ねこ処】セラピーキャット☆Cafe

♡ありがとうございます。 2017年9月13日、明石にオープンしました💛 海と自然を感じながら セラピーキャットと過ごす中で 癒しの効果が期待できる猫カフェです☆ どうぞよろしくお願い致します。(=^・^=)🐾

0コメント

  • 1000 / 1000