本当の「愛」を教えてくれる、ねこ達💛

ありがとうございます(*^^*)

ねこと一緒に、ハートとコミュニケーション💛

ちあきです🌈🌈°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°


今日は、こんなニュースをご紹介します。

みなさんも、感じてみてください。




(ポイントだけを、書きますね)


タイトル

「愛だけでは、命を預かることはできない」


猫嫌いの夫から隠すため

真っ暗な押入れで、猫3匹を飼っていた。


13年間も押入れで暮らしていた。

飼っていたのは、高齢の夫婦。


奥さんが拾ったものの、夫は猫嫌い。

夫に見つからないよう

押入れの中で育てられた。


奥さんは、保護活動に携わるボランティア。


だから、旦那さんが猫嫌いでも

捨てられていた生後2ヵ月の子猫を

どうしても見捨てることができなかった。


育てるために選んだ道は

家の押入れに隠すこと。


決して虐待ではなく、


愛情があったゆえのこと。



拾われて13年、光を知らず

一歩も外に出ることなく


真っ暗な押入れの中で育てられた。

しかし、ついに夫に隠し通せなくなり発覚。


と、書かれていました。





私が一番、違和感をもったのは

この行動が「愛から」と認識され

「愛だけで、命を預かることはできない」

と、まとめられていること。



この事件で、ねこが伝えたかったことは



本当の愛とは

何か❓


ただ、それだけなのではないでしょうか❓



愛は、犠牲でもなく

   清貧でなくていい。


   


逆に「本当の愛」以外で

命は、救えるのでしょうか?




「本当の愛」を選んでいたら

他にも道が、見えてきたのだと思います。



夫に見つかるかもしない。という

恐怖からの行動が


恐怖からの心が、ねこ達も、自らも

檻の中に閉じ込めてしまって

苦しかっただろうなぁ。。。

辛かっただろうな。。。と、私は思います。





愛からの選択をしていれば

広がりを感じられるものだからです。





ねこが、檻にはめられたら

ねこじゃなくなる。



ねこ達は、心を解放してくれるいきものだから。


やっと、ねこ達も、この家族も解放されて

明るい光を見ることができて

本当に、本当に良かったです。。。



どうかどうか、お幸せに。。。





世界平和。

美しい地球に、愛を。。。


大切な、あなたへ。

ありがとうございます(*^^*)















抜針与楽__【ねこ処】__ねこ楽ゼーションHome☆

保護ねこHomeの七福猫達に癒されて 気楽に過ごすリラクゼーション処 楽しくムリせず暮らしながら 心を整えていく取り組み 【抜針与楽】という生き方を 応援中 キャッ☆と、驚く Beautiful Earthプロジェクト

0コメント

  • 1000 / 1000